宇宙の果てからこんにちは

誰も見ないだろう事をいいことに適当に。気ままに。

深夜テレビ番組終了後の屋上定点カメラ映像を見ると落ち着く。

最近テレビ局等の屋上に設置されている

定点カメラ映像のみ流してる局が少なくて残念過ぎます。

 

静かな町並み、夜景、

たまに走るタクシーなどのライトが

あ、この町の生きているんだな・・・って

感じるんですよね。

 

 

ただただ見ているだけだけど、

なんとなく、

どこか取り残されたような気持ちのような、

でもこの世界には、

この町には自分以外にも起きている人がいるんだなーと。

 

頭の中ではその夜景を処理しているはずなのに、

その映像に飲み込まれていくような、

その映像の中に入っていくような気持ちで

それが好きなんですよ。

 

ってちょっぴりしんみりした気分で

この秋の夜長を楽しむ

ニナでした。

 

同じように

深夜の屋上定点カメラ映像が好きな人って

いるのかな~?

 

それにしても、

外からは鈴虫の無く声のみが

聞こえてくるなぁ。

窓から入ってくる風も

すっかり秋を感じさせてくれますね。

 

では^^

 

おしまい☆