宇宙の果てからこんにちは

誰も見ないだろう事をいいことに適当に。気ままに。

超絶悶絶。

ここ数字高温で
雪解けが進んでいるということもあり、
必死に屋根の雪下ろしを
汗かきながらやってる。

職場もひまなので
とりあえず雑用を
軍手履きながらやってる。

俺の手汗と
雪解けの水をたっぷり吸い込んだ
軍手。(ゴムの)

今日も
暇だから外回りの予定はないので、
事務所や倉庫の片付け。

ヤツを(軍手)を
ポッケに忍ばせながら。

ん?どこからか
臭う。
どこだろう。
外だろうか。
外に出る。

変わらず同じ強度で
臭う。

倉庫にいく。
臭う。

車に行く。
臭う。


ポッケに手を突っ込む、、、




手がやたら臭う。


軍手を触る。

悶絶級。
一瞬
お花畑が見えた気がした。


軍手やばし。


とりあえず、軍手
買いました。
それだけなんですけどね。