宇宙の果てからこんにちは

誰も見ないだろう事をいいことに適当に。気ままに。

四年たった今、当時を振り返る。

 

震災から四年。

テレビをつけても何をしていても、
あのニュースばかり。
 
どうも見ていると
気分が落ち込む。

f:id:ninagawakintaro:20150311192931j:plain

 
忘れないのは大事だが、
それを次にどうつなげるかが
大事なんだよね。
 
ただ一年経つたびに
思い出すだけなら意味がない。
 
と、偉そうに書いたけど、
そんな話をしたいわけじゃない。
 
今、当時を振り返るのは、
四年前、
お互い好きだけど、
付き合ってなくて、
友達以上恋人未満みたいな人がいたんだ。
 
で、
その2日後の3月13日が
彼女の誕生日だったんだけど、
仕事をしながら
何プレゼントしようか考えてた。
 
で、震災が起きた。
 
この時、
プレゼントには
お風呂が好きだから
ちょっと良さげな
高いボディソープやら
専門店で買うって
決めてたんだ。
 
だけど、
震災が起きて追加したものがある。
 
人は
儚いもので朝まで元気だったのに、
夜には帰って来ないなんて
悪いニュースもある。
 
だから、
少しでも長くいたいから、
告白と、手紙と、
いつでもうちに来られるように
合鍵を渡した。
 
半同棲みたいな
形で
ずっと一緒。
 
そんな彼女と今では、
結婚。
 
 
なんて書けたら
めでたしめでたしなんだけど、
昨年別れた。
 
 
 
まぁ、世の中
そんなもんだ。
 
 
311を初めて
一人で過ごす今日、
ふと
思い出してみた。
 
来年こそは
笑っていたい。